日焼け止めって肌に悪い?

日焼け止めが肌に悪いって前に聞いたことがあります。
わたしは、ある程度年齢がいってからしみができるなんて絶対にいやなのでちょっと近所のスーパーやコンビニに行くだけでも日焼け止めは完璧に塗るようにしています。
でも、その日焼け止めが肌に悪いといわれ正直焦りました。
今まで大量に肌に塗り続けてきたからです。

気になって気になったわたしは、すぐさまインターネットで日焼け止めについてしらべました。
みると、日焼け止めに含まれるパラベンなどの防腐剤が問題らしい。
この防腐剤についての議論は最近かなり活発で、ネットを見ると危険だからやめた方がいいと言う人と、人体に影響が出るほどではないという人にわかれています。
これらの、体に良くないとされる防腐剤は結構前から食品なんかには使われていて私たちは平気で体の中にいれているわけです。
だから、日焼け止めは問題ないってわけではないけど、私的には日焼け止めにはパラベンの多少の毒性にも目をつむるメリットがあると考えています。
つまり、紫外線が肌に一番良くないということです。
紫外線を肌が受けるデメリットとパラベンのデメリットを考えるとやっぱり紫外線の方が肌によくないきがします。
なので、日差しの強い夏にはより一層日焼け防止を強化しようと思う今日この頃でした。