肌を守る大事な皮脂

肌の皮脂が浮いてくると顔がてかったり、化粧が落ちてきたりするため、女性にとっては肌の皮脂とどう付き合っていくかは大事な問題だと思います。
でも、人間の体がすることで無駄なことなんて一つもありません。

避けられがちな顔の皮脂も重要な役割を持っているんですよ。
その役割とは、顔を守るため。
人間の肌は、外にいるときに体に付着するゴミやチリ、細菌などの異物を体に入れないために皮脂で薄い膜を作りガードしています。
もしこれがないと、とっくに毛穴などから細菌やゴミが入って、肌になんらかの異常が出ていることでしょう。

そんな肌を守ってくれているはずの皮脂をクレンジングオイルなどの強力な脱脂剤なんかでとってしまうとカサカサの乾燥肌になってしまうんです。
そうなると、体は乾燥を完治し危険信号を出します。
そんな肌の状態は外からの刺激を受けやすく、すぐに赤くなったりブツブツができたりと症状が出やすくなってしまうんです。
そんな人は、市販の洗浄力の強いクレンジングオイルなんかを使ったら肌が痛むのは目に見えています。
化粧を落とすのに、よく落ちるためどうしてもクレンジングオイルを使いがちですが、クレンジングオイルが実は一番肌に負担をかける原因だったからです。
あとは洗顔の時や化粧の時に肌をこするのも原因の一つです。
これらのことをすることで、肌を守ってくれるはずの皮脂がどんどん失われていき、過去の水みずしかったお肌はなくなってしまうんです。
なので、皮脂が出ると条件反射で嫌がるのではなく、自分のお肌を守ってくれるものだと思い出しましょう。